京都府八幡市の商工業と地域の総合的な振興を支援しています。

(ご案内)国宝・石清水八幡宮 ~祈りのともしび 和の心~【更新1月15日】 

国宝・石清水八幡宮社殿や鎮守の森などをライトアップ。陰影のある和のともしびで荘厳で美しい夜の社殿を演出します。巫女さんによる舞の披露や、白色を基調としたアート作品「祈りのオブジェ」展示を通じて、生きとし生けるものへの感謝と平穏を共に祈ります。清浄な空間が心和む光に包まれる雰囲気に、きっと心が癒されます。
京都市郊外にあって、静かで混雑が少なく、奥深い歴史文化と澄んだ空気に満ちた石清水八幡宮で、気持ち落ち着くナイトタイムを密やかにお楽しみください。

※今後の新型コロナウイルス感染状況により、内容中止又は一部変更があります。
※このページは、令和3年1月13日時点の情報を掲載しています。

■期間 令和3年2月20日(土)から2月23日(火祝)の4日間
■点灯 午後5時から午後8時
■場所 石清水八幡宮(京都府八幡市八幡高坊30)山頂境内
■入場 無料
■日程と内容
・2月20日(土) 本殿他ライトアップ、巫女による豊栄舞、LIVE中継
・2月21日(日) 本殿他ライトアップ、巫女による豊栄舞
・2月22日(月) 本殿他ライトアップ、巫女による豊栄舞
・2月23日(火祝)本殿他ライトアップ

※上記期間中、国宝社殿の特別昇殿参拝ができます。
※巫女による豊栄舞は、乙女の舞とも言われ、榊または季節の花を右手に持って舞います。
※舞の後、宮司様他から、生きていることへの感謝や自然への感謝のお話を頂戴します。

■開催日変更
政府が京都府ほかに新型コロナ特措法に基づく緊急事態宣言を令和3年1月13日に発出したことを受け、開催期間を変更いたしました。緊急事態宣言中は感染拡大防止のための官公署からの要請に従い、解除後も、十分な感染予防対策を施した上で事業を行います。
(変更後) 令和3年2月20日(土)から2月23日(祝火)
(変更前) 令和3年2月10日(水)から2月14日(日)

■会場へお越しの際は公共交通機関をご利用ください。
京都・大阪から約30分。京阪電車「石清水八幡宮駅」で下車すぐ、「ケーブル八幡宮口」から石清水八幡宮参道ケーブルで山頂まで約3分。開催期間中はケーブルの延長運転を行います。
ケーブルをご利用の方には、航空会社の客室乗務員(CA)さんが搭乗して、皆さんの安心と安全の旅をアナウンスいたしますので、車での来場はご遠慮ください。

車でおこしになる方は、京阪電車石清水八幡宮駅周辺のパーキング(八幡市営駐車場タイムズ石清水八幡宮駅北同南同南第2キョウテク 八幡市駅北)他に駐車の上、石清水八幡宮参道ケーブルでご来場ください。

■新型コロナウイルス感染症対策へのご理解・ご協力をお願いします。
新型コロナウイス接触確認アプリ(COCOA)のインストールが必要です。
・ご来場者全てに、スタッフが検温を行います。
・マスクを着用しない方や37.5度以上の発熱がある方は来場をお断りします。
・感染拡大地域にお住まいの方は、来場をご遠慮ください。
・体調不良のお方は、来場をご遠慮ください。
・会場各所の消毒液を使い、手指をこまめに消毒ください。

※問い合わせ先 一般社団法人 京都山城地域振興社(お茶の京都DMO)電話0774-35-3239

詳細は下記リンクをご覧ください。⇓

https://ochanokyoto.jp/event/detail.php?eid=569

 

エンドポイント