京都府八幡市の商工業と地域の総合的な振興を支援しています。

八幡市中小企業者等おうえん給付金について(※給付要件の緩和と申請期限の延長を行います)【更新12/1】

八幡市では、新型コロナウイルス感染症による影響の長期化により、売上の減少など、深刻な影響を被っている市内の中小企業・個人事業主等の事業継続を応援するため、「八幡市中小企業者等おうえん給付金」を給付します。

◆給付要件の緩和と申請期限の延長について

新型コロナウイルス感染症の影響の長期化を鑑み、給付要件の緩和と申請期限の延長を行いました。

◆詳細は下記八幡市ホームページリンクを参照ください。⇓

https://www.city.yawata.kyoto.jp/0000006628.html

【給付要件の緩和】
(1)売上減収率の緩和
  • 緩和前:売上減収率15%
  • 緩和後:売上減収率 5%
(2)他の給付制度との併用
  • 緩和前:他の給付制度との併用不可
  • 緩和後:他の給付制度を利用していても申請可能
(3)個人事業主の方の住所要件
  • 緩和前:八幡市に住民登録をしていなければ申請不可
  • 緩和後:八幡市に住民登録がなくても、事業所(お店)が八幡
    市にあれば申請可能
【申請期限の延長】
  • 延長前:令和2年12月25日(金曜日)まで
  • 延長後:令和3年1月31日(日曜日)まで
【申請期間】
  • 令和2年10月26日(月曜日)から令和3年1月31日(日曜日)まで

(注)当日消印有効

【給付額】
  • 5万円
【対象者】

次の全ての要件を満たす中小企業者

(1)中小企業信用保険法第2条第1項に規定する中小企業者(注1)

(2)次のいずれかに該当する方

  • 令和2年8月11日(以下「基準日」といいます。)までに事業を開始しており、かつ、基準日現在で八幡市に住所もしくは事業所を有する個人事業主(被雇用者、被扶養者を除く)
  • 基準日時点で法人設立登記を完了しており、基準日現在で八幡市に本店または事業所を有している法人

(3)新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年1月から12月の任意のひと月(以下「対象月」といいます。)の事業収入(注2)が前年同月の事業収入と比較して5%以上減少している方(平成31年1月以降に事業を開始し、前年同月と比較することが不適当である方は、対象月の事業収入が、対象月を含む連続した3か月間の事業収入の平均と比較して5%以上減少していること)

(4)次のいずれにも該当する方

a)代表者、役員または使用人、その他の従業員もしくは構成員等が、現在かつ将来にわたって八幡市暴力団排除条例第2条第3号に規定する暴力団員等に該当しない方

b)代表者、役員または使用人、その他の従業員もしくは構成員等が、現在かつ将来にわたって八幡市暴力団排除条例第2条第5号に規定する暴力団員密接関係者に該当しない方

c)暴力団員等または暴力団員密接関係者が、経営に事実上参画していない方

(注1)主たる事業が農業、林業、漁業、金融・保険業(保険媒介代理業および保険サービス業を除く)、政治団体、宗教上の組織もしくは団体等でない方

(注2)以下のいずれかとなります。

  • 個人事業主の方
    所得税確定申告書第一表または市民税・府民税申告書の営業収入、不動産収入、給与収入、雑収入のうちその他収入の合計
  • 法人の方
    法人税確定申告書の法人事業概況説明書の売上金額
【申請方法】

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、郵送による申請のみとします。

封筒に差出人の住所、氏名を記載の上、以下の提出先まで郵送してください。

(注)簡易書留やレターパック等の追跡可能な方法での郵送をおすすめします。

【提出先】

郵便番号600-8421

京都市下京区綾小路通烏丸西入童侍者町167 AYA四条烏丸ビル2階 株式会社JTB 京都中央支店内

八幡市中小企業者等おうえん給付金事務局 宛て

 

 

エンドポイント